スポーツ選手 引退後のTOPに戻る


フィギュアスケート選手 引退後

フィギュアスケート選手の引退後はどうなのでしょうか。

よく「プロへ転向」などとニュースで聞きますが、それはほんの一握りのスケーターだけです。

国際的にプロとして活躍するには最低限「世界選手権金メダル」か「オリンピックメダル」が必要といわれています。

国内限定でも引退後、プロとして活躍するには、少なくとも「四大陸金メダル」か「五輪入賞」レベルの実績が必要と言われています。

フィギュアスケートは、競技を続けるにあたってとてもお金がかかることで有名です。

そのため、多くの選手が大学卒業と同時に一般企業に就職し、引退しています。

スケートにこだわりがある選手は、自身でスケートクラブを作る選手もいます。

大卒後に大きなスポンサーがない状態で競技生活を続けることは極めて困難です。

プロ転向が可能な選手は本当に選ばれた一握りです。

それ以外のほとんどの選手は現役を引退すると、サラリーマンや自営業などに転職することが多いようです。

一般社会に「フィギュアスケートの経験を活かせる仕事」はほとんどありません。

普通に就職活動をして、一般企業に勤める人がほとんどです。

中には、変なコンサルタントにそそのかされて起業して、お金を失って借金まみれになってしまう人もいます。

引退した選手は「社会のことをあまり知らないだろう」と寄ってくる輩もいるので、騙されないように注意してください。

引退後のフィギュアスケート選手の声をまとめました。

フィギュアスケート界での業績は、一般社会では役に立たない

荒川静香選手は特別

自分の無名さを思い知らされる

自分より年下の上司の元で仕事をすることもある

超弱肉強食の世界

アルバイトをしている

生活のために、全く好きでもない仕事についている

就職活動は新卒の就活生よりも不利

引退と親の経済力は関係する

コーチ職などにつける人はごくごくわずか

本当にトップ数人しか光が当たらない

一心不乱に打ち込んできたスポーツから離れると虚脱感がある

スポーツ選手の引退後はかなり過酷

引退後はお金がない選手もいる

商売の知識や経験なく商売を始めてしまい、失敗する

「起業コンサルタント」には要注意

スポーツに絡む仕事ができたら幸せ

となっています。

スポーツをやってきた知識や実績」を活かしたいと思う人は多いようです。

それらを活かせる仕事に就く方が、今までの経験を活かせて良いでしょう。

フィギュアスケート選手が職業相談・就職相談をできる公平中立な立場の相談窓口があるため、そうしたところに相談してみるのも良いでしょう。

フィギュアスケート選手が職業相談・就職相談をできる公平な相談窓口」として、『全国職業相談センター』をご紹介します。

全国職業相談センター」は、スポーツ選手の就職・転職やお仕事の公平な第三者の相談窓口として、無料で相談を受けている機関です。

「引退後の仕事の相談をしたい」
「人材紹介会社に企業を紹介されたが第三者の意見を聞きたい」
「就職・転職したい企業があるが、本当に大丈夫な会社かどうか第三者の意見を聞きたい」
「独立を勧められているが、本当に大丈夫かビジネスのセカンドオピニオン相談をしたい」

などの相談を無料で受けています。

スポーツ選手の職業相談に強い相談窓口のため、気軽に相談してみると良いでしょう。

『全国職業相談センター』へのお問い合わせはこちら

また、就職・転職をしたい方は、きちんと相談にのってくれて、ご自身に合う会社を紹介してくれる信頼できる転職エージェントに相談してみると良いでしょう。

信頼できる転職エージェントの情報はこちら
関連コンテンツ

テニス選手 引退後

テニス選手の引退後はどうなのでしょうか。 テニスは現役の期間がとても短いスポーツです。 引退後は指導者としてジュニアの指導に移行する選手もいます。 現役時代に結果を出せなかった選手は・・・

プロ野球選手 引退後

プロ野球選手の引退後はどうなのでしょうか。 長嶋茂雄さん・高橋由伸さん・伊東勤さんなど現役時代に野球界で大活躍した選手が監督になるとニュースになりますが、それはごくごくわずかのスーパースターだけ・・・

プロゴルファー 引退後

アマチュアゴルファー、プロゴルファーの引退後はどうなのでしょうか。 ゴルフ界ではあまり「引退」という言葉・表現は使いません。 プロゴルファーの場合、ツアープロが第一線のトーナメントに出場し・・・

サッカー選手 引退後

サッカー選手の引退後はどうなのでしょうか。 Jリーグのクラブチームと契約するサッカー選手は、約1000人ほどです。 サッカー選手の年収はご存じの通りあまり高くありません。 年俸500・・・