スポーツ選手 引退後のTOPに戻る


バレーボール選手 引退後

バレーボール選手の引退後はどうなのでしょうか。

企業の社員選手や嘱託契約選手の場合は、20代前半で「戦力外通告」を受けることはあまりありません。

30歳前後までプレーすることが多いです。

現役引退後、監督やコーチになる人もいますが、それは本当に一握りだけです。

チームのスタッフとして残れる場合もありますが、それはかなり稀なケースです。

ジュニアチームやバレーボール教室のコーチやスタッフとして働く人もいます。

また、大学出身者は教員免許を持っているケースが少なくありません。

現役引退後、教員採用試験を受けて、中学・高校・大学のコーチになり、指導者としての道を歩む人もいます。

企業チームの社員選手は、引退後にそのまま会社に残り、サラリーマンとして働くケースが多いようです。

大林素子さんや川合俊一さんのように、タレント業に行ける人はごくごくわずかです。

それ以外のほとんどの選手は現役を引退すると、サラリーマンや自営業などに転職することが多いようです。

一般社会に「バレーボールの経験を活かせる仕事」はほとんどありません。

普通に就職活動をして、一般企業に勤める人がほとんどです。

中には、変なコンサルタントにそそのかされて起業して、お金を失って借金まみれになってしまう人もいます。

引退した選手は「社会のことをあまり知らないだろう」と寄ってくる輩もいるので、騙されないように注意してください。

引退後のバレーボール選手の声をまとめました。

バレーボール界での業績は、一般社会では役に立たない

背が高いことは、仕事においてはメリットはない

自分の無名さを思い知らされる

自分より年下の上司の元で仕事をすることもある

就職活動は新卒の就活生よりも不利

「起業コンサルタント」には要注意

生活のために、全く好きでもない仕事についている

一心不乱に打ち込んできたスポーツから離れると虚脱感がある

スポーツ選手の引退後はかなり過酷

アルバイトをしている

コーチ職などにつける人はごくごくわずか

商売の知識や経験なく商売を始めてしまい、失敗する

スポーツに絡む仕事ができたら幸せ

となっています。

スポーツをやってきた知識や実績」を活かしたいと思う人は多いようです。

それらを活かせる仕事に就く方が、今までの経験を活かせて良いでしょう。

バレーボール選手が職業相談・就職相談をできる公平中立な立場の相談窓口があるため、そうしたところに相談してみるのも良いでしょう。

バレーボール選手が職業相談・就職相談をできる公平な相談窓口」として、『全国職業相談センター』をご紹介します。

全国職業相談センター」は、スポーツ選手の就職・転職やお仕事の公平な第三者の相談窓口として、無料で相談を受けている機関です。

「引退後の仕事の相談をしたい」
「人材紹介会社に企業を紹介されたが第三者の意見を聞きたい」
「就職・転職したい企業があるが、本当に大丈夫な会社かどうか第三者の意見を聞きたい」
「独立を勧められているが、本当に大丈夫かビジネスのセカンドオピニオン相談をしたい」

などの相談を無料で受けています。

スポーツ選手の職業相談に強い相談窓口のため、気軽に相談してみると良いでしょう。

『全国職業相談センター』へのお問い合わせはこちら

また、就職・転職をしたい方は、きちんと相談にのってくれて、ご自身に合う会社を紹介してくれる信頼できる転職エージェントに相談してみると良いでしょう。

信頼できる転職エージェントの情報はこちら
関連コンテンツ

ラグビー選手 引退後

ラグビー選手の引退後はどうなのでしょうか。 ラグビーは企業に属してプレーする選手が多いです。 30歳前半くらいまでプレーすることが多いです。 現役引退後、監督やコーチになる人もいます・・・

ハンドボール選手 引退後

ハンドボール選手の引退後はどうなのでしょうか。 ハンドボールは企業に属してプレーする選手が多いです。 30歳前半くらいまでプレーすることが多いです。 現役引退後、監督やコーチになる人・・・

バドミントン選手 引退後

バドミントン選手の引退後はどうなのでしょうか。 バドミントン選手は30歳前後までプレーすることが多いです。 有名なバドミントン選手は会社に属してプレーしていることが多いですが、引退後もその・・・