スポーツ選手 引退後のTOPに戻る
「スポーツ選手 引退後」トップ >  プロ引退後の苦悩・・・ > Jリーグ セカンドキャリア支援 評判


Jリーグ セカンドキャリア支援 評判

Jリーグのセカンドキャリア支援の評判をご紹介します。

Jリーグにも選手引退後のセカンドキャリア支援はありますが、あまり機能していないようです。

サッカー選手の引退年齢はかなり早いです。

21歳から25歳で引退する選手が最も多く、高校や大学卒業後にプロ契約した選手が、すぐに戦力外通告を受けるケースが多いです。

下部リーグや海外リーグでプレーする人もいますが、稼げません。

毎年、契約が終了してしまう選手は約140名おり、そのうちほとんどの選手はサッカー界に何らかの形で残ることが多いです。

コーチやサッカースクールへの就職などが多いです。

しかし、数人はサッカー界とはまったく関係のない異業種に転職します。

選手会はそういった選手のサポート活動も行っているようですが、その内容はあまり良くないようです。

現在、選手会は選手が引退したときの一時金(退職金)を出していますが、計算方法は、
「生涯の出場試合数×1000円」だそうです。

200試合出場で20万円、400試合出場で40万円という計算になります。

かなり少ない印象を受けます。

現役の選手は年俸額に応じてプロサッカー選手会に徴収される積立金があります。

この積立金は引退時に手元に戻ってきますが、J2の選手の場合は年間1万円くらいの積立金しかないので、J2で10年間プレーしたとしても10万円程度の還付金しかありません。

一時金と合わせても、引退時に手にするのは、50万円以下ということになります。

Jリーグが選手会に多額の支援金を提供できればよいのですが、現状のJリーグにはお金がありません。

サッカー選手のセカンドキャリア相談は、まずセカンドキャリア相談の総合窓口に相談してみると良いでしょう。

「セカンドキャリア相談の総合窓口」として、『全国職業相談センター』をご紹介します。

「全国職業相談センター」は、スポーツ選手のセカンドキャリア相談の公平な第三者の相談窓口として、無料で相談を受けている機関です。
「独立を勧められているが、本当に大丈夫かビジネスのセカンドオピニオン相談をしたい」
「引退後の仕事の相談をしたい」
「自分のキャリアが活かせる仕事を紹介してほしい」
「自分を必要としてくれる企業を紹介してほしい」
「人材紹介会社に企業を紹介されたが第三者の意見を聞きたい」
「就職・転職したい企業があるが、本当に大丈夫な会社かどうか第三者の意見を聞きたい」
などの相談を無料で受けています。

スポーツ選手の職業相談・セカンドキャリア相談に強い相談窓口のため、気軽に相談してみると良いでしょう。

『全国職業相談センター』へのお問い合わせはこちら

また、就職・転職をしたい方は、きちんと相談にのってくれて、ご自身に合う会社を紹介してくれる信頼できる転職エージェントに相談してみると良いでしょう。

信頼できる転職エージェントの情報はこちら
関連コンテンツ

プロ野球 セカンドキャリア支援 評判

プロ野球のセカンドキャリア支援の評判をご紹介します。 プロ野球選手のセカンドキャリア支援は「イーキャリアNEXTFIELD」があります。 プロ野球引退後から5年以内かつ引退後の転職回数が2・・・

バスケットボール セカンドキャリア支援 評判

バスケットボールのセカンドキャリア支援の評判をご紹介します。 バスケットボール選手のセカンドキャリア支援に力をいれているのは「イーキャリアNEXTFIELD」です。 2015年以降の引退選・・・