スポーツ選手 引退後のTOPに戻る
「スポーツ選手 引退後」トップ >  ハングリー精神があっても・・・ > 総合格闘技 セカンドキャリア支援 評判


総合格闘技 セカンドキャリア支援 評判

総合格闘技のセカンドキャリア支援の評判をご紹介します。

残念ながら、総合格闘技にはセカンドキャリア支援制度は特にありません。

有名な選手は自分でスポーツジムを開いたりしていますが、経営はかなり苦しいようです。

飲食店を始める人もいますが、あらゆる商売の中で飲食店はかなり儲からないので、失敗する人が多いです。

引退後、格闘技と全く関係ない仕事をする人が多いようです。

体力に自信がある人が多いためか、建設業界などに進む人が多いようです。

スポーツ選手は、現役時代に企業人としてのスキル・資格などを身につけてこなかった分、
一般企業に入ると苦戦を強いられるようです。

同世代とのキャリアの差は歴然です。

また、スポーツ選手は「元スポーツ選手」という目で一生見られます。

「あの人は今・・・」ではないですが、「あの選手が今はサラリーマン・・・」ということをネガティヴにとらえる世間やマスコミは必ずいますし、就職後の社内でもそのように見られてしまうことがあります。

よく「スポーツ選手は根性がある」と思われがちですが、そもそも自分に不向きな仕事はいくら根性があっても無理です。

例えば、営業が苦手な人がどんなに「根性」と言っても、売れないものは売れません。

「自分に向かない仕事」をしても不幸なだけです。

企業側も「スポーツ選手は根性があるから」と期待して採用しますが、それに沿えなかった場合、他の一般社員のそれと比べてもより低く評価されてしまうこともあるようです。

そして、「あの選手が今じゃこの有様か・・・」と社内で見られるようになってしまうと、会社にいられなくなりますし、トラウマになります。

それだけ、スポーツ選手と企業を結ぶということは、まだまだ未整備なのです。

総合格闘技選手がセカンドキャリア相談をできる公平中立な立場の相談窓口があるため、そうしたところに相談してみるのも良いでしょう。

「総合格闘技選手がセカンドキャリア相談をできる公平な相談窓口」として、『全国職業相談センター』をご紹介します。

「全国職業相談センター」は、スポーツ選手のセカンドキャリア相談の公平な第三者の相談窓口として、無料で相談を受けている機関です。

「引退後の仕事の相談をしたい」
「自分のキャリアが活かせる仕事を紹介してほしい」
「自分を必要としてくれる企業を紹介してほしい」
「人材紹介会社に企業を紹介されたが第三者の意見を聞きたい」
「就職・転職したい企業があるが、本当に大丈夫な会社かどうか第三者の意見を聞きたい」
「独立を勧められているが、本当に大丈夫かビジネスのセカンドオピニオン相談をしたい」
などの相談を無料で受けています。

スポーツ選手の職業相談に強い相談窓口のため、気軽に相談してみると良いでしょう。

『全国職業相談センター』へのお問い合わせはこちら


また、就職・転職をしたい方は、きちんと相談にのってくれて、ご自身に合う会社を紹介してくれる信頼できる転職エージェントに相談してみると良いでしょう。

信頼できる転職エージェントの情報はこちら
関連コンテンツ

プロボクサー セカンドキャリア支援 評判

プロボクサーのセカンドキャリア支援の評判をご紹介します。 残念ながら、ボクサーのセカンドキャリア支援制度は特にありません。 世界チャンピオンになったような選手は、自分でジムを経営することも・・・